Fortuna est rotunda.

メモ書き

御岳スカイラ淫お茶会ツー

お茶会はホモのたしなみ

 

せっかくなら人が少なくて展望の良い場所で楽しみたいですわねえとGoogle大先生にお問い合わせしましたところ、御岳スカイライン終点(御嶽山七合目)にクソデカ駐車場があるとのことでイキマスワヨオオオオオ!!オエッ!!

巷ではバーナーを持ち込んで現地でお湯を沸かすスタイルが主流だそうですが

お外で火遊びやだ怖い…(女の子)ため熱湯を魔法瓶に詰めて出、出ますわ……

 

 

 

道 中

 中津川インターを降りてR19をひたすらに北上し、元橋交差点を左折。御岳湖を見ながら王滝村へ突うずるっ込むと御岳スカイラインの始まりですわ!

 

 

ちょっと寄り道もできます(※滝は別の日に訪れて撮影しています)。

 急こう配の階段を上ると

 

 

 

はえ~すっごい迫力…

 

なお

 本来の道はこちら側のようですが太い岩石が行く手を塞いでおりました

自然の脅威感じちゃう…

新滝最寄りの駐車スペースは砂利道ですので勃ちゴケには気をつけよう!

 

 

道なりにぐんぐん高度を上げていきますと

 

 

スキー場(おんたけ2240)を貫通♂

雪の下はこうなっていたんですのね。

 

 

開けた道……しゅき…(語彙力喪失)

雪が積もっても楽しそうな斜度と幅してますわね貴女?

 

 御岳スカイラインは全体的に道が広くありませんが、端に黄金が溜まって更に狭まっている箇所が散見されますし舗装が荒れている田所さんもチラホラ。

対向車はほとんどおりませんでしたが見通しの悪いコーナーが連続するため(警笛鳴らせの標識を初めて見ました)

立ち寄りをご検討の方は充分お気をつけください。

 

到 達

 

終点は御嶽山の七合目。

さぞかし素晴らしい景観が待ち受けているはずですわ!

 

 


f:id:yknwszd:20171003222119j:image

景観は……ナオキです……

 

 この鳥居から先は御嶽神社の遥拝所があるようで、そこまではなだらかな道とのこと。

ですがプニキ注意の看板もございましたのでしっかりした装備でinしてください?

 



f:id:yknwszd:20171003223030j:image

お 茶 会 0 人

夏山シーズンは人まみれなんでしょうねぇ…

 さて、景色も素晴らしいですし(念押し)早速ティータイムと参りましょう!

 

 

 

うん、おいしい!

お湯とティーバッグを持ち込みお菓子もなく地面に座り込んで飲み干すというワイルドなスタイルでしたが出先で頂く紅茶はいいですわゾ~これ。

ラーツーですとスープの処理に困りそうですがお茶なら飲みきれますしね。

然れども浮浪者のおねーさまみたいにジベタリアン(死語)でワンカップホットティーキメるのもお嬢様としてどうかと思いましたわ。ローテーブルとイスが要りますわね。

後日アウトドア用品店でヘリノックスをお試しし、確かに座り心地は抜群でしたがもう少しお手頃なものが欲しいところ。

いいものをご存知の方がいらっしゃいましたら、お知恵を貸していただければ幸いです。

 

紅茶を嗜みつつ、澄んだ空気を胸一杯に味わいながら、かれこれ1時間ぐらい、えー晴れ間をお待ちしておりましたが

太陽は、1秒たりとも…現れませんでした…。

仕方がないのでガスが晴れるのを待って下り道へイクッ!

行きほど恐ろしくは感じず、2速固定でグリグリコーナリングする悦びを知りました。

 

王滝村集落へ下りてくると寒さもやや和らぎ、改めて駐車場付近の標高の高さを実感いたしました。これからの季節、きっといい雪が降るんでしょうね。

今度はスキー板担いでお伺いしたいなと思いましたわ。四輪で。(FFスタッドレス)(クソザコ運転手)(凍結路で差をつけろ)

 

その後は来た道を引き返すのもゲイが無いため北上してから岐阜縦割りアナルルートを選択し帰宅したところ

 

 

日帰り新記録、達成です…(唐揚げ音)

走れば走るほど乗れるようになるってはっきりわかるんですわね。  

これだけ一日で走れるようになったのですからビー茄子ラ淫日帰りも夢ではないかもしれません(行くとは言っていない)